Apple Watch の詳細がとうとう発表されましたね。
内容をまとめてみました。

予約日 と 販売日

4月10日予約開始。4月24日発売!

画面サイズ

38mm版 (横272px × 縦340px)
42mm版 (横312px × 縦390px)

種類 と 値段

Apple Watch Sport
・38㎜モデル:42,800円
・42㎜モデル:48,800円

Apple Watch
・38㎜モデル:66,800円〜126,800円
・42㎜モデル:71,800円〜132,800円

Apple Watch Edition
・1,280,000円〜2,180,000円

特徴

感圧タッチに対応したRetinaディスプレイ ( 静電気式ではなく、プレスのタッチ圧力の差を感知する )
・サファイアクリスタル
・セラミック裏蓋
Digital Crown ( 竜頭を回し画面のスクロールやズーム、押し込んでホーム画面に戻るという使い方 )
・心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
環境光センサー ( 周囲の明るさに合わせてディスプレイの明るさが自動で調節 )
・スピーカーとマイクロフォン
・Wi-Fi (802.11b/g/n 2.4GHz)
・Bluetooth 4.0
耐水性能 ( 耐水性能であって、防水性能ではありません。雨で濡れてもいい程度で、水に浸すのはダメ )
最大18時間駆動するバッテリー
マグネット充電ケーブル

主な機能

・時計
・コミュニケーション機能
・健康/フィットネス機能

実用的?

最大18時間でどれだけバッテリーが持つかが問題ですね、
一日1回は確実に充電しないといけないから、面倒くさそうに思えますが、
マグネット充電ケーブルがどこまで使いやすいかにもよりますね。

APPLE WATCH: APPLE WATCH GETTING STARTED; LEARN DESIGN, MARKETING ASO, AND SO MUCH MORE (English Edition)

ついにAppleの新ハード「Apple Watch」の値段や発売日などが発表 - GIGAZINE

「Apple Watch」の日本での価格や全38モデルの詳細まとめ、200万円超のモデルも - GIGAZINE

Apple Watchのバッテリーは通常使用で18時間駆動。充電は電磁誘導の磁石コネクタ式 - Engadget 日本版

関連記事