http://www.kyoto-purple-sanga.co.jp/match/view.cgi?id=94

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/04-05/data/result/j2_42.html

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/04-05/data/team/pur.html

シュナイダーシュナイダーうっさいわ(サガン鳥栖GKシュナイダー 潤之介の事)!キャプテン翼か!そんなわけでサンガ×サガン。噛むよ。ったくもう。先の天皇杯ではさっぱりだったサンガだが、リーグ戦に絞っていたのだよ(とでも思わなきゃやってられない)。鳥栖の競技場は綺麗でいいなぁ、といいつつ観戦。もう、4さまスタメンから外さないか?FKも全部勝手に蹴るし、なんだかわがままっぽい。FWはそういう人種だ、と言い切ってしまえば終わりか。でもそれは、結果残してからの話ちゃうんか。まぁ、そんなこんなで今日も4さまは無得点だったわけだが、いきなり不動のボランチ石丸がミドルを放つ。強烈に!し、しびれる。つかオッサン腰痛は大丈夫かいな?とこちらが心配する間もなくシュナイダーの反応空しく、ボールはゴールネットへ。今日は斎藤、石丸の京都不動のボランチコンビがガンガン攻めまくる。京都の攻めの傾向として、「今日の得点者にひたすらボールを集める」と言う性質がある。ンなわけで今日は石丸が持つ事が多かったりした。お得意のサイド散らしが面白いように決まる。石丸だけでなく斎藤もサイド散らしは得意ジャンルなので面白いように攻めている。ただ、それは相手のへぼさに助けられていると言う気がした。今年はもう無理なのだが、何人移籍してしまうか、そこでどうやって立て直していくかと言う事に焦点が定められるのだが。まぁ、それは別の話として、やはり今日も熱田が悪い。最近特に嫌いなのもあいまって余計に腹が立つ。サンガの傾向としてボールを奪われるのを恐れるあまり廻りの人間がパスを受けに来てしまうと言う愚行を犯しまくる。レギュラー解説のおじいちゃんも、「もっとパスを貰いに行くんじゃなくてパスをよこさせるような動きを」だとか、「裏への飛び出しを」だとかずっと言っていた。ウチのチームの致命的な欠陥は、裏への飛び出しが全くないのだ。奪われるのを恐れるあまり、常にずっと消極的にサイドに逃げ、嘘臭い、キナ臭い、イカ臭い(そ、そうなん?)しょっぱいクロスを誰もいないところに上げると言う攻めが基本だ(そもそも詰めてる選手がいつも少ない)。組織で点を取るという事が無いのだ。それさえきっちり練習しておけば!監督がバカでなかったなら!ああもうイライラする。どうも熱田のスタミナが限りなくJ2の最下層に近いのはタバコ吸ってるからじゃねぇのか?という推測に達する。左サイドの美尾、SB三上の連携はスムーズに出来ているが、右サイドの熱田、鈴木和の連携は、悲しいほどに皆無だ。どうも熱田は一人でハミってそうな気もしないでもない。一回で良いから、原を使おう監督。熱田と黒部を変えるんじゃ無しに。黒部は4さまと変えればいい。ハーフタイムの恒例、上野夕佳のどきどきマンマークで、あの、寒さに震えながら一度も心温まることの無かった天皇杯の試合の模様が少し流れる。黒部のインタビュが流れる。「90分、ちゃんと出られたら、点は取れたのに」。チクっと監督をこ突く発言。4さま偏重はもういいっすわ。俺がゴル裏で見た黒部の冷静にDFを一人交わしてシュート、のシーンが流れる。調子が悪いようには見えない。むしろ4様よりキレている。そんな黒部は今日もサイドに流れて王様にグラウンダーのクロスを供給。王様吹かす。ほんとにゴールの「上」とか、「右」とか、「左」とか好きだな。ゴールの「中」に入れていいんだよ。*1ったくもう。そうして冨田二号の呼び声も高い国見出身、渡部大剛投入。削られまくる中払を下げる。今日は冨田二号は冨田二号でなかった。なかなか。その調子で。若手に道を開くのがサンガだから。有能な若者はサンガで経験を積んでJ1へ、ってんなあふぉな。そうしてなんだかんだで好調左サイド三上が積極果敢に上がり、美尾へパス。そして鳥栖との相性抜群の美尾が決める。結果は浦和戦で観て知ってたがまたも黒部じゃなかったのか‥、というのがある。勝ったは勝ったでいいが、やはり黒部に、という思いはある。西京極で、ちっちゃい子供が「くろべー、くろべー」、と必死で呼ぶのをいつも観るからなぁ。なんとか90分使ってやって欲しい。腰痛で試合を休んだのはあれはきっと抗議の意味もこもってたんじゃないかと思う。*223日。ベガルタ仙台戦。ホーム最終戦。俺も行く。つおいサンガが観たい。

こんなんでどうか

どうだぜんいんふるねーむ

     黒部光昭   原竜太

  美尾敦          中払大介

     斎藤大介   石丸清隆

三上卓哉  鈴木悟 手島和希  鈴木和裕

原は途中で田原か。どの道こんな布陣は切羽詰った状態ではありえないが。切羽詰った時に安全パイを切るかバクチを打つかで監督としての器量が見えるような気がしないでもない。中払は中山でも良い。相変わらず右のプレースキッカーがいない気がするが。左ばかり3人もプレースキッカーがいるチームってどうよ。本気出したらつおいんだからさぁ。頼むよ。23日も。スポナビの結果の福岡の所おかしいけど、福岡勝っちゃって状況的にはかなり厳しいが。次に繋がる試合をしてって欲しい。はぁ‥、どうせまた今日と同じ布陣なんだろうなぁ‥。

*1:なんかエロいっすな。失礼(謝ってるが消さない所に限界を感じる。)

*2:サンガの大黒柱黒部はこのクソ忙しい中腰痛で試合を欠場した。誰も言わないが、きっとあれは抗議だったと思ってる。そうでなければ腰が悪いのにわざわざ西京極の硬い椅子で試合を観に来るだろうか?